Services Solutions サービス&ソリューション

オンコロジー開発

がん患者さんの健康寿命のさらなる延伸に貢献するために!

はじめに

弊社では、オンコロジー専門部署による開発支援(主にモニタリング業務)を2010年からスタートしています。これまでに第I相から第IV相試験、生物学的同等性試験等の企業治験および医師主導治験を受託し、着実に開発支援経験の実績と様々なノウハウを蓄積してきました。

近年、新規薬剤の開発に加えて免疫療法やNGSを用いたゲノム医療、RI治療等の臨床試験も活発に行われるなど、抗がん剤の開発は日々進歩を続けています。弊社は、これまで数多くの抗がん剤開発や再生医療等製品の開発に携わってきており、幅広くかつ柔軟な抗がん剤の臨床開発モニタリングを実施できる体制を整えています。

オンコロジー開発の理念

私たちは、抗がん剤開発のプロフェッショナルとして、クライアントとともに育薬も含めた治験薬の未来を真剣に考え、常に挑戦し続ける集団でありたいと考えています。

抗がん剤は、製造販売後も様々な臨床試験が立案され、より効果的で安全な使用方法の検討が繰り返される事で育っていく薬剤です。そのため、有効ながん治療薬をいち早く患者さんのもとにお届けできるよう高品質かつスピードを意識したモニタリング業務を行うことは大前提ではありますが、クライアントとともに開発段階から治験薬の育薬も見据えた業務支援を目指しています。

モニタリング受託実績

オンコロジー専門部署では、幅広いがん腫において70件以上のモニタリング業務を受託しています。

  • 悪性脳腫瘍
  • 頭頸部がん
  • 肺がん
  • 乳がん
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肝細胞がん
  • 胆道がん
  • 胆嚢がん
  • 膵がん
  • 膵内分泌腫瘍
  • 褐色細胞腫
  • 膀胱がん
  • 前立腺がん
  • 子宮頸がん
  • 骨軟部腫瘍
  • 白血病
  • 悪性リンパ腫
  • 多発性骨髄腫
  • 悪性軟部腫瘍

など

2021年6月 現在

オンコロジー専門教育体制

抗がん剤の臨床試験では、がん領域特有の様々な基準やガイドラインを熟知することが必要不可欠となるため、弊社ではがん臨床試験に携わるメンバーに対して基礎教育を徹底するとともに、継続的に専門研修を実施しています。さらに、メンバーは主要な国内外のがん関連学会(ASCO、ESMO、臨床腫瘍学会、癌治療学会等)や各種セミナーへの参加、ならびに医療現場における実務研修の機会を通じて、目覚ましい進歩を遂げているがん治療の最新の知見を身に付けています。このように徹底した専門教育を実施することで、どのようながん臨床試験を受託した際でも、質の高いモニタリングをご提供できる体制を整えております。

オンコロジーの専門研修
弊社では、抗がん剤開発のプロフェッショナル育成を目的として、年間計画に基づいたオンコロジー領域全般の専門的な研修を実施しています。オンコロジー領域の基礎研修(悪性腫瘍概論、RECIST等)を初め、最新の各がん腫ガイドラインや腫瘍専門医による臨床に近いテーマなどの継続研修(年間約30時間)を実施し、継続的な知識・能力の向上を図っています。
医療現場の実務研修
私たちは、モニタリング業務に携わる上で人と人とのつながりや日々のコミュニケーションを大切にしています。
医師やCRCとのコミュニケーションを円滑にするための一助として、大学病院協力の下、実際の医療現場の見学を通じて実務研修を行っています。現場を知り、スタッフや患者さんの声を耳にすることで“より良い薬をより早く患者さんのもとへ”という私たち全員の願いを再認識するとともに、現場で起こり得るエラーやリスクを事前に抽出し、最適なプロセスを提案できるよう努めています。

  • 患者さんとの対話(本人の同意の元)
  • がん情報サロンの見学
  • 外来化学療法室の見学
  • 薬剤部(抗がん剤調製)の見学等

オンコロジーExpert制度

事前に定めた定義/要件を満たす者をSenior Expert、Expert、Junior Expertの3クラスで評価/認定します。高い専門性を基に担当業務において更なる質の向上と高付加価値を有するサービスを提供します。
社内においては教育研修にも積極的に関与することで次世代のExpertを計画的に育成します。
真のプロフェッショナルとして、医薬・医療の発展と全ての人々のQOL向上に貢献していきます。

今後の展開

伊藤忠グループのライフケアサービス事業の中核企業として、我々の使命でもある「がん患者さんの健康寿命のさらなる延伸」に貢献するため、時代の変化とともに終わりなき成長を続けていきます。そして弊社は、これまでに蓄積された豊富な専門知識と経験をベースに、今後も幅広いがん腫に対する抗がん剤開発の支援を行ってまいります。